こころの健康相談

最終更新日:2018年9月14日

 こころの病気は、誰でもかかる可能性があります。生涯を通じて5人に1人がこころの病気にかかるとも言われており、特別なことではありません。

 次のような症状が続いている場合は、こころの不調が原因の場合があります。1人で抱え込まず、早めに専門家へ相談することが大切です。本人はもちろん、家族や職場の健康管理に携わる方など、どなたでも利用できます。

こんな症状はありませんか?

(身体面)

 体がだるく疲れがとれない、何も食べたくない、食事がおいしくない、なかなか寝付けない、熟睡できない、夜中に何度も目が覚める、心臓がどきどきする、頭がずっしり重く感じる、物忘れが多くなった等

(心理面)

 気分が沈む、憂うつ、何をするのにも元気が出ない、些細なことでイライラする、怒りっぽくなった、理由もないのに不安な気持ちになる、気分が落ち着かない等

(社会・行動面)

 昼夜が逆転してしまう、仕事等でミスが増えた、遅刻や早退することが増えた、人に会いたくない、自分を傷つけてしまう、アルコールの量が増えた・やめられない等

平成30年度日程

・ 1人30分程度です。秘密はかたく守られます。

・ 相談は無料です。3日前までに予約が必要です。

※時間はいずれも13:30~15:30です。

 ◆平成30年4月~平成30年9月

担当 会場 4月 5月 6月 7月 8月 9月
臨床心理士 健康センター元気館  

28日(月)

 

27日(金)

 

28日(金)

精神科医

矢上交流センター

   

20日(水)

     
健康センター元気館

26日(木)

         

◆平成30年10月~平成31年3月

担当 会場 10月 11月 12月 1月 2月 3月
臨床心理士 健康センター元気館     10日(月) 28日(月)   25日(月)
精神科医 矢上交流センター         27日(水)  
  健康センター元気館 25日(木)          

 

(精神科医師)

 上記のような症状に対して、病院を受診した方がよいのか、治療の必要性があるか等の相談に応じます。

(臨床心理士)

 上記のような症状で生活に支障が出ている、つらくて苦しいがどう対応したらよいかわからないときに、ご自身の気持ちの持ち方や対処法について、アドバイスします。

お問い合わせ先

邑南町役場保健課(瑞穂支所内)
電話番号:0855-83-1123 / IP電話:050-5207-5002