全国体力・運動能力、運動習慣等調査

最終更新日:2018年3月19日

調査の目的 

  • 子どもの体力が低下している状況にかんがみ、国が全国的な子どもの体力の状況を把握・分析することによって、今後の施策の参考とするために実施します。
  • 教育委員会と学校が、自らの子どもの体力の向上にかかる施策の成果や課題を把握し、その改善を図ります。
  • 各学校が児童生徒の体力や運動習慣、生活習慣、食習慣などを把握して、学校での体育・健康に関する指導などの改善に役立てます。

調査内容 

小学校第5学年、中学校第2学年の全児童生徒を対象とします。

児童生徒に対する調査

実技に関する調査

[小学校8種目]
握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、50m走、立ち幅とび、ソフトボール投げ、20mシャトルラン

[中学校8種目]
握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、50m走、立ち幅とび、ハンドボール投げ、20mシャトルランまたは持久走(男子1500m、女子1000m)

質問紙調査

生活習慣、食習慣、運動習慣等

学校に対する調査

質問紙調査(体育的行事の実施状況、体育専任教員及び外部指導者の導入状況、屋外運動場の状況、運動部活動の状況等)

調査実施の時期

児童生徒に対する調査 平成29年4月から7月末までの間に実施しました。

お問い合わせ先

学校教育課
電話番号:0855-83-1126 / IP電話:050-5207-5250