新型コロナウイルス関連肺炎について

最終更新日:2020年2月19日

 

町民のみなさまへ

現在、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が世界各地で複数報告されております。町民の皆様におかれては、過剰に心配することなく、風邪や季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなど次のことに気を付けて個人で出来る感染症予防に努めてください。

 

1.ウイルスが付着した手で口や鼻を触ると感染につながります。外から帰ったら、石けんを使って流水で丁寧に手を洗いましょう。

2.咳、くしゃみのある方はマスクの着用など咳エチケットに心がけましょう。

3.とっさの咳やくしゃみの際、マスクをしていないときはハンカチやティッシュで口を押さえ、顔を他の人に向けないようにしましょう。

4.十分な休養とバランスのとれた食事を心がけ、体の抵抗力を高めましょう。

 

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。

人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

島根県帰国者・接触者相談センター及び島根県一般相談窓口

 島根県は国からの通知を受けて、新型コロナウイルス感染症に関し、次のとおり対応しています。

1.帰国者・接触者相談センター

(1)下記のいずれかに該当する方や心配のある方は、医療機関を受診する前に、必ず帰国者・接触者相談センターへご連絡ください。帰国者・接触者外来をご案内します。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

(2)以下のような方は重症化しやすいため、(1)の症状が2日程度つづく場合には、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

・高齢者

・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方

・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

(3)妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

(4)お子様をお持ちの方へ

小児については、現時点では重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、上記と同様の対応をお願いします。

県央保健所 0854-84-9812(平日8:30~17:15※緊急の場合はこの限りではありません。)

2.一般相談窓口

県央保健所 0854-84-9810(平日8:30~17:15)

県庁健康推進課 0852-22-5842 FAX0852-22-6328(平日8:30~17:15)

※聴覚等に障がいのある方は上記FAXをご利用いただけます。

新型コロナウイルスに関する外部サイト

新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(外部サイト:首相官邸HP)

島根県ホームページリンク(外部サイト)

厚生労働省ホームページリンク(外部サイト)

内閣官房ホームページリンク(外部サイト)

お問い合わせ先

保健課
電話番号:0855-83-1123 / IP電話:050-5207-5002