新型コロナウイルス関連肺炎について

最終更新日:2020年3月27日

 

町民のみなさまへ

まん延を防止するために、次のことについてご理解とご協力をお願いいたします。

1.「三つの密」

(1)密閉空間(換気の悪い密閉空間である)

(2)密集場所(多くの人が密集している)

(3)密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

 が重なる状況を避けるようにし、感染対策をしましょう。

2.日常生活や職場では、人混みや近距離での会話、多数の者が集まり室内において大きな声を出すことや歌うこと、密接した状況で激しくなるような運動を行うことを避けましょう。

3.感染防止のためには、出来る限り頻繁に石けんを使って手洗いしましょう。

4.咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、室内の換気にも気を付けましょう。

新型コロナウイルス感染症の電話相談について

 島根県は、新型コロナウイルス感染症の健康相談に関し、2つの窓口(帰国者・接触者相談センターと一般相談)に分かれていた保健所の相談窓口を一本化しました。

 発熱など症状のある方や、感染の不安のある方、知識や情報を得たい方、いずれも同じ番号へおかけください。

 これにより、県民の皆様からの相談窓口をわかりやすくした上で、いただいたご相談に対しては「しまね新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター(以下「健康相談コールセンター)」が基本的な情報提供と相談内容に応じた専門窓口の紹介をします。

 また、発熱などの症状があるなど、感染の恐れがある方に対しては、「帰国者・接触者相談センター」につなぐことで、的確に対応します。

【最寄りの保健所電話番号】

県央保健所 0854-84-9810(8:30~21:00(土日・祝日も実施))

※症状悪化など緊急の場合に限って、それ以外の時間も受け付けます。電話は「健康相談コールセンター」に転送されます。

聴覚等に障がいのある方のFAXでの相談窓口

県庁健康推進課FAX 0852-22-6328(8:30~21:00(土日・祝日も実施))

※対応には時間を要する場合があります。

外国人住民向けの相談窓口

しまね多文化共生総合相談ワンストップセンター 070ー3774-9329(9:00~19:00(土日・祝日も実施))

※外国人住民の方で新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、こちらにご相談ください。

相談できる内容

1.症状のある方

2.感染の不安がある方

3.予防や消毒などの一般的なご質問

※少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

・妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。

・小児については、小児科医による診察が望ましく、「健康相談コールセンター」やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

※なお、この目安は、皆様が相談・受診する目安です。これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。

 

新型コロナウイルスに関する外部サイト

新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~(外部サイト:首相官邸HP)

島根県ホームページリンク(外部サイト)

厚生労働省ホームページリンク(外部サイト)

内閣官房ホームページリンク(外部サイト)

お問い合わせ先

保健課
電話番号:0855-83-1123 / IP電話:050-5207-5002